水槽・アクアリウムのサイズやデザインの選び方

水槽・アクアリウムのサイズやデザインの選び方

様々な効果を狙って設置できるアクアリウム

 

アクアリウムデザインアクアリウムは、ただ美しいというだけではなく、
設置することで様々な効果が期待できます。

 

癒し効果や、精神面に働きかける良い効果
医学的にも実証されているのです。

 

 

またアクアセラピー等の癒し効果も、脳波検証等で効果がある事が実証されており、
観賞用としてだけではなく、様々な効果を狙って設置を考える事ができるのです。

 

設置場所によって、それらの効果を考えたアクアリウムの利用法は、
非常に有効的な効果を発揮しますので、上手く活用する事が大事です。

 

自宅・会社に設置するアクアリウムのそれぞれの目的

 

アクアリウムの利用を考えた場合に、具体的にどの様な利用法があるのでしょうか。
それぞれの設置場所による利用法を紹介していきます。

 

【自宅に設置する場合】

1.観賞用の自宅のインテリアとして
2.精神的な癒し効果を考えて設置する
3.仕事に打ち込んだり、発想等のイメージを促進したりストレスを発散する

 

 

 

【会社・店舗等に設置する場合】

4.受付に設置して、訪問客に会社の良いイメージを持たせる
5.応接室に設置し、商談を上手く進めるために設置する
6.オフィスに設置して、社員の向上心を刺激する
7.店舗の待合室に設置し、混雑時のストレスを解消する
8.店内に設置し、高級感を与える印象を持たせる
9.アクアリウムを設置する事で、店舗のイメージを促進する

 

 

これらは沢山ある活用法の中のほんの一部ですが、アクアリウムの代表的な利用法だと言えます。
では実際にそれぞれの活用法について、どんなアクアリウムの設置方法が適しているのかを考えてみましょう。

 

それぞれに適したアクアリウムの設置例

 

まず、水槽が小さい方が良い場合は、メンテナンスの困難さや財政的な事情が関係します。
水槽は大きくなればなる程、設置物は高額になり、また維持費も高額になります。
自宅での運用や、アクセントに利用する場合は小型の水槽が適しています。

 

次に大きな水槽を利用する場合は、水槽自体の持つイメージが
周囲の環境に影響を及ぼす程度でなければ設置の意味がありません。
その場合は不特定多数のお客様に見てもらう事が大事ですので、水槽が小さいと意味を持ちません。
出来る限り大きめの水槽を設置したほうが良いでしょう。

 

次に淡水、海水の熱帯魚のどちらのアクアリウムを設置するべきかの選択になりますが、
基本的には淡水熱帯魚であれば、白、緑を基調とした明るい華やかなイメージを与える事が多く、
逆に海水熱帯魚の場合は、黒と青を基調とした、落ち着いた大人のイメージを与えます。

 

部屋やオフィスのイメージに合わせる場合、それぞれの環境に合ったイメージがあると思いますので、
まずは、そこを合わせる事を優先するべきです。

 

しかし、ある程度それぞれに求められる一般的なイメージがありますので、それを考えた場合、
淡水熱帯魚のアクアリウムは1.3.4.5.6.7.9.の設置例が適していると言えます。
逆に海水熱帯魚のアクアリウムは2.8.9.の設置が適していると言えるでしょう。

 

イメージと目的に合ったアクアリウムの設置を考慮しながら、最も良い設置方法を考えることが大切です。