水槽の水合わせ(水質合わせ)の方法

水槽の水合わせ(水質合わせ)の方法

水質を合わせる

 

水合わせは、熱帯魚をこれまでと異なる水槽に入れる際に、あらかじめ水質を合わせるために行われます。
人間の場合に当てはめると、気温の高い場所から寒い場所に移動したり、
平地から高い山に移動したりしますと、身体が慣れるまで時間がかかりますし、
状況によっては体調を崩してしまうこともあります。

 

熱帯魚飼育の初心者がやってしまいがちな事に、
買ってきた熱帯魚を、そのまま自宅の水槽に入れてしまうということがあるのですが、
このような行為は、熱帯魚の身体を確実に弱らせてしまいます。
ひどい場合にはショック死してしまうこともありますので、必ず水合わせを行うようにしてください。

 

袋のまま浮かべます

 

水合わせのやり方として、まずは購入してきた熱帯魚を、袋に入れたまま自宅の水槽に浮かべます。
こうすることによって、水槽内の水温と、袋の中の水温を同じものとします。
およそ30分ほどそのままにしておくことで、水温がほぼ同じ温度になっていることでしょう。
温度計を使うことで、より正確性が増します。

 

続いて、水質を合わせるために、熱帯魚の入っている袋を開けて、
袋の中の水の、3分の1程度の量の水槽の水を袋の方に入れます。
水を入れたらまた袋を閉じて、およそ10分ほど水槽に浮かべておきます。
もしも袋の中の水が多いようでしたら、水槽に入れるか入れた分量の水を捨てましょう。
この一連の流れを3回から5回繰り返します。

 

いよいよ水槽の中へ

 

ここまで来たらもう少しです。いよいよ水槽に熱帯魚を入れます。
水槽に入れる際には、一息に流すように入れないよう、気をつけてください。
そうしないとこれまでの流れが台無しになってしまします。

 

まずは袋を開けたまま、ゆっくりと水槽の水に浮かべていきます。
この時には熱帯魚自らが、水槽の水の中に入っていくまで見守ります。
間違っても急かしてはいけません。
熱帯魚自身が水槽の水に入るようにすることで、環境の変化をできるだけ少ないものとするためです。

 

もしも熱帯魚を、何種類か購入してきたのであれば、
分けられた袋に対して、同時進行で水合わせをしていくと効率的でしょう。

 

エサは与えない

 

水合わせが終わったら、早速エサをあげたいところですが、
水槽に入って間もない熱帯魚は、まだエサをそれほど食べることができないので、
かえって残ったエサで、水槽内を汚してしまうことにもつながります。
ですので、その日はエサを与えるのを我慢して、翌日に少しずつエサを与えるようにしましょう。
くれぐれもエサの与え過ぎにはご注意ください。