淡水魚レイアウトで水草設置のポイントは?

淡水魚レイアウトで水草設置のポイントは?

淡水魚レイアウトで大事なもの

 

熱帯魚を飼育する上で、最も大きな目的は美しいレイアウトを楽しむ事です。
そのためには、淡水魚等のレイアウトの主役は水草ですが、
その水草の飼育も行わなければならず、飼育方法もわかっていなければならないという事が言えます。

 

しかしながら、これらを踏まえた上で表現されるアクアリウムは、
時によっては時間を忘れる程の美しさを、見る者に感じさせる力があり、
またその表現の技術には、レイアウトの奥の深さを感じさせるものがあります。

 

ここでは淡水魚レイアウトの中でも主役であるといっても過言ではない、「水草」について紹介していきます。

 

水草の果たす役割とは?

 

水草は淡水魚アクアリウムの中で欠かせない存在だといっても過言ではありません。

 

水草の果たす役割は様々な要素があります。
アクアリウムとしての美しさを表現するアイテムとして、魚の住処や隠れ家としての存在など
色々な役目を担っています。

 

例えば、アクアリウムはその色が1つの大きなイメージを持ちますが、
照明に最も近い水草はその色を決める大きな要素となります。

 

様々な色合いの水草を置いて色に動きを持たせたり、同じ色の水草を並べ、
その造形の美しさを表現したり、水草の利用方法は様々な方法があります。

 

水草にも自然のものや人工的な物がありますが、
やはり光の反射等では自然の水草の美しさは際立ったものがあります。
特に熱帯魚の中でも、性格のおとなしい種類については、これら水草の存在が必須になります。

 

中には卵を産み付けるものもいますので、この様な意味でも水草が果たす役割は重要だと言えます。

 

水中の二酸化炭素を酸素に変える光合成を、行う役割も重要だと言えるでしょう。

 

水草の飼育をうまく行うには?

 

水草の飼育は、熱帯魚の飼育と同様で簡単ではありません。
特に自然の水草は根を持ち、養分を吸わなければならないので、底床面が砂利では根を付けることができません。

 

ソイル等の養分を持つアイテムをしっかりと利用し、腐ってしまわないように育てる事が重要です。
どうしても水草の飼育に自信が無い方は、1つの方法として、アクアリウムの専門業者にレイアウトや、
メンテナンスも含めて代行を依頼してみても良いでしょう。

 

これらの業者に依頼すれば、色合いや混泳させられるものの区別なども含め、
総合的にアドバイスをくれますので、不安なく安心して水槽運営を任せられるでしょう。
熱帯魚を飼育する上で、先ずは熱帯魚の飼育だけに限定するなど、飼育の難易度のハードルを低くして、
徐々にスキルと経験を身につけていくというのも上手な方法だと言えます。