淡水魚飼育に必要な様々な器材

淡水魚飼育に必要な様々な器材

淡水魚の飼育のポイント

 

熱帯魚は、様々な効果を持つペットとして、最近非常に人気が高くなってきています。
熱帯魚には大きく分けて淡水魚と海水魚がいますが、
それぞれの生息環境が全く異なり、それぞれに良さがあります。

 

今回は、その中でも淡水魚について紹介していきましょう。
淡水魚は国内産、海外産の物があります。

 

最もポピュラーなのは、主に南米のアマゾン川流域に生息する淡水魚で、
彩も鮮やかで、見る人を非常に華やかな気持ちにします。

 

しかし熱帯魚の飼育は簡単ではなく、せっかく買ってきた熱帯魚を死なせてしまうという事も珍しくはありません。
その様な事がない様に、熱帯魚が入る水槽の環境が整っている事が大事です。
まずはしっかりと水槽の準備を行いましょう。

 

淡水魚飼育に必要なもの

 

淡水魚を飼う前に、まずは水槽の準備を行わなければなりません。
では準備に必要なものを具体的に紹介しましょう。

 

1. 水槽本体

水温変化が激しくならない様に、出来るだけ大きな物を用意しましょう。
出来れば60cm以上の物が良いでしょう。

 

2. フィルター

水槽サイズにあったものを用意しましょう。
出来れば、ろ過のろ材は付属のものではなく、市販品を購入した方が良いでしょう。

 

3. ヒーター

水槽規格に合うものを用意しましょう。60cmなら、100〜150wが適当です。

 

4. 底床材

砂利や、ソイルがありますが、砂利等の場合は利用前に、良く洗浄しておく必要があります。

 

5. 照明

60cmの水槽の場合は、20〜50w程度のものが適切でしょう。

 

6. キャビネット

水槽を置くための台です。
まず、丈夫である事が大事ですが、周囲のインテリアと合ったものを考えましょう。
他の物で代用する時は、水槽の重量に耐えられるものでなければなりません。

 

7. 水温計

最高・最低温度をメモリー出来るものがあればベストです。

 

8. カルキ抜き

水換えの時に必ず必要ですので、常備しておきましょう。

 

9. 水質検査薬

魚の調子が悪い時等に、水質検査を行える様に常備しておきましょう。

 

これらのものは最低限、必要となりますので事前に用意しておきましょう。

 

淡水魚飼育の注意点

 

上記の様々な用品を準備する事は、まず熱帯魚を飼育する上で必要なものですが、
これらを準備したからといって、熱帯魚が上手く飼育出来るとは限りません。

 

水の下準備やその他の準備をしっかりと行う必要がありますので、
それらをしっかりと行った上で、魚を飼うようにしましょう。